青物釣れないけどタチウオは好調……しかし。

2020年4月29日

2018年10月9日 岬町 大潮/晴れ

満潮18:50/日の入17:34

長時間釣行の予定の時は釣果が悪いなんてのは幻想だ!

ということで、16時から再び釣りにきました。

青物狙うも不発

日が暮れるまでは2時間程ありますので、ショアジギングで青物を狙います。

今日は平日だしタチウオ釣りにはまだ時間が早いので釣り人も居ないだろうと高を括ってましたが、私の入りたい場所ではすでにサビキ釣りの先行者がおりました。

サビキ釣りだし日が落ちる頃には帰るパターンだろうと移動しやすい状態で少し離れた場所で開始します。

パイロットルアーはダイソーのジグロックです。

キャストして着底からしゃくり始めると……ググッ!

おっ!お?

やってしまいました、1投目から根がかりです。

しかもブイの下のカゴか網かに引っ掛かったぽいです。

ブイからは離れた場所へキャストしたのですが、潮が速くて速攻で流されてしまったようです。

ノットの組み直しが面倒だけどたぶん取れないよなぁ。

しつこく張ったり緩めたりしているとスポっと取れました!

回収してみると木の枝やら釣り糸やらがぐちゃぐちゃに絡み合った物が付いていました。

どうやらブイに絡みついた仕掛けなどに私のルアーが引っ掛かったようで、運よくそれがブイから外れたようです。

ラインブレイクによる時間のロスもなく済んだので気分良く続けます!

キャスト!キャスト!

しかしあたりはありません。

ルアーを「ルミカ メタルジャッカー30g キビナゴ」のラトルチューンへチェンジします。

ん~全然あたりません。

今日も青物はいないようです。

結局掛かったのはゴミだけという悲しい現実。

さぁ楽しいタチウオゲームの開始!

段々と日が落ちて夕マヅメに突入していきます。

そしてサビキ釣りをしていた人達は……夕マヅメになって電気ウキでタチウオ釣りを開始しちゃった。

場所は空きそうにないのでそのまま続けます。

暗くなり始めるとあたりが出始めます。

ガシガシという感じのタチウオのショートバイトでなかなか掛かりません。

更に辺りは暗くなってきたのでタチウオゲーム用のタックルへチェンジします。

ルアーは青物の可能性も残しつつ「ルミカ メタルジャッカー30g キビナゴ」のケミチューを使用します。

アシストフックは取り外してサーベルアイに#6のトレブルフックを装着です。

軽くワンピッチでしゃくっているとヒット!!

スレでタチウオでした。

夕マヅメも終わり真っ暗になって電気ウキでタチウオを釣っている人達は順調に釣果を上げているようです。

私の方はなかなか渋い状況なので再びルアーチェンジ。

ダートマーマンを使ってワインド釣法で誘います。

軽くキャストして表層付近を探っているとヒット!

F2(指2本)ちょいのえらいちっこいのです。

その後も釣れるには釣れますがF3までいかない細いのばかりです。

小物釣りも飽きたのでメタルジグを使って早い誘いで大物狙いにチャレンジです。

ダイソージグロック28gのセブラチューンでボトムからしゃくっているとあたりはあるけどなかなか乗りません。

小さいのはイラン!

我慢してしゃくり続けるヒット!

上がってきたのは本日最小のF2サイズのタチウオでした……。

まぁ、まぁ、そんなもんですよ。

更に続けます。

すると、ボトムから少し上げたところで強めのあたり!

引きも期待できる強さです。

今度はF3ちょいの良型でした。

その後もジグロックで続けましたがF4サイズ以上は釣れぬまま終了。

最終、10匹釣ってF3サイズ以上の太刀魚は3匹だけでした。

ドラゴンサイズ釣ってみたいなぁ。

本日の釣果

  • タチウオ 10匹 (F2.5~F3.5)

本日のタックル

ショアジギング用

  • ロッド:ダイワ ジグキャスターMX 96MH (13年モデル)
  • リール:ダイワ 15ヴァデル 3500H
  • PEライン:よつあみ G-soul X8 UPGRADE 1.5号
  • リーダー:デュエル カーボナイロン 25lb
  • その他:ダイソー ジグロック40g/ルミカ メタルジャッカー30g キビナゴ

タチウオゲーム用

  • ロッド:ダイワ 13ラテオ 90ML・Q
  • リール:ダイワ 18フリームス LT3000
  • PEライン:よつあみ G-soul X8 UPGRADE 0.8号
  • リーダー:フロロカーボン(60lb) 80cm + ワイヤーリーダー 15cm
  • その他:ダイソー ジグロック28g/ブン太10g+ダートマーマン