アジ時々サバ……初泳がせヒット!

2018年12月9日 岬町 中潮/風強め/波高め

干潮14:10/日の入16:50/満潮19:28

夕方前でもジグサビキ好調

本日の早朝は時折突風が吹くバッドコンディションでしたので大人しく寝ていました。

昼過ぎに天気予報を確認すると夕方からは風が穏やかになっていく感じではありませんか。

これは行くしかない!

ブリを釣りに行かねばならん!

用事を済ませて15時に海へ向かいます。

ショアジギングにしろ泳がせ釣りにせよ暗くなったら終了なので時間的には17時半くらいがリミットでしょうか。

ジグサビキでアジが釣れなかった時の為にチューブアミエビも持っていきます。

「楽ちんプッシュ 常温アミエビ アジMAXプレミアム+押江込蔵・爆釣液配合」通称、楽ちんアミエビです。

現地ではサビキ釣りをしている人がいなかったので、アジが釣れるのかどうかは確認できず。

物は試しで先にジグサビキで試してみると……すぐにアジが釣れました。

早速、泳がせ釣りの準備をして生きアジを餌にして開始です!

予備のアジを5匹確保するのも5分とかかりませんでした。

アジが良く釣れるのでジグサビキを続けても良いのですが、やっぱり男は黙って大物狙いでしょう!!

と、いうことで、ショアジギングの準備をしてダイワのセットアッパー125S-DRをキャストします。

ショアジギングとか言ってますが、セットアッパーが有能過ぎて最近はメタルジグは殆ど投げてません(笑)

予報に反して16時を過ぎても風が収まる気配がありません。

12/9 岬町の海

時間的には風速3m/s以下になっているはずなんですが、未だに竿が煽られるほど強風が吹いています。

19時満潮なのでこのまま潮位が上がってくると怖いです。

セットアッパーも全然飛ばないので、すぐ近くでも釣れるジグサビキで晩御飯用のアジを調達することにしました。

ジグサビキは入れ食いです。

アジが入れ食い

しばらくすると何やら走る魚が掛りました。

上げてみるとサバ2匹で更にアジ1匹の3匹釣れてました。

上げるには上がりましたが小アジ用のサビキだったのでサバが暴れた拍子に切れてしまった。

しかもこのサバ27cmと結構大きかったです。

サバ

そんな感じでジグサビキで遊んでいると泳がせ釣りの竿に異変が!?

ピクン、ピクン、ピクピクピクッ!ジッ!ジジジジッーーーーーーーー!!!

やっと泳がせ釣りに魚が掛りました。

確かアジを飲ませるまでしばらく時間が必要なので慌てて合わせてはダメなはず。

キャスト中だったジグサビキを回収してから落ち着いて行動します。

ゆるゆるにしていたドラグのリールを程良く締めていきます。

おもいっきり走っている最中なので軽く合わせてドラグを微調整しながら耐えます。

……。

全然止まらないんですけど!

なんですかコレ!

堤防に沿ってどんどん走っていきます。

そしてやっと止まった!……あれ?根掛かりしてますけど!!

後から聞いた話では走った後に根に潜ってしまうのは恐らくコブダイだろうと。

確かにヘチ際を大きなコブダイが泳いでいるのを見たことがある。

しかし、コブダイってフィッシュイーターだったのか!

イガイやらカキで釣ってるイメージが強かったので思いもよりませんでした。

根から出てるくかと思ってしばらく放置してみましたが動く気配もないので引っ張って切りました。

まだ時間はありそうだったので急いで仕掛けを作りなおして再チャレンジしましたがノーヒット。

最後に仕掛けを上げるときに何やら重くなったと思ったら外れて、上げてみると餌のアジの頭の部分だけかじられてる状態でした。

最後にイカが抱きついたのだろうか。

本日の釣果

  • アジ 23匹
  • サバ 5匹

初めて泳がせ釣りでヒットはしたけれど……釣果だけみるとサビキ親父まるだしですね。

本日のタックル

ショアジギング用

  • ロッド:ダイワ ジグキャスターMX 96MH (13年モデル)
  • リール:ダイワ 15ヴァデル 3500H
  • PEライン:よつあみ G-soul X8 UPGRADE 1.5号
  • リーダー:デュエル カーボナイロン 25lb
  • その他:ダイワ セットアッパー125S-DR/ダイソー ジグロック28g/ダイソー サビキ

泳がせ釣り用

  • ロッド:ダイワ プライムサーフ T25-405
  • リール:ダイワ 17ワールドスピン3500
  • PEライン:メジャークラフト 弾丸ブレイドx4 2号
  • リーダー:デュエル CN500 6号(25lb)
  • その他:針 伊勢尼 13号/生き餌 アジ