夕マヅメの青物チャレンジ

2019年12月17日

2019年12月15日 岬町 中潮/風強

干潮15:00/日の入16:50

本日は早朝が強風だったので夕マヅメ前後の釣行です。

最近は釣り仲間の夕方の青物釣果を聞かない。

朝方から以降はアジが釣れる時間帯もないのでそもそも日中に泳がせ釣りしている人が殆どいないから釣れていないように思うだけじゃないのか?という疑問が浮上してきた。

夕マヅメにかけて泳がせ釣りをすれば何か思いもよらぬ結果が待ち受けているのではないでしょうか!!

そんなわけで15時より釣り開始でございます。

ルアーセッティングに四苦八苦

昨日の夕方に釣ったアジを持って出動です。

お昼くらいから風も収まる予報でしたが、海はまだ結構風が強いままです。

まずは泳がせ釣りの準備をしてあたりを待ちます。

待っている間はショアジギングです。

本日もメタルジャッカーSJを使ってフォールで食わせますか!

リアフックには伊瀬尼15号で作った自作のシングルフックを装着です。

しかし問題発生です。

キャストしてしゃくって帰ってくるたびにリアのフックがラトルスリットに刺さって帰ってきてしまいます。

まずい……。

これではリアフックを付けている意味がないどころか、フックで押されてラトルスティックが外れてしまう可能性もあります。

前回使ったメジャークラフトのシングルフックではこの症状は起こらなかったのですが、フックサイズが大きくなったことでラトルスリットへ掛かってしまうようになったみたいです。

比べてみると、メジャークラフトのシングルフックの方がフックが小さい分短くなります。

装着してみると、手で引っ張って引っ掛けないと刺さらない絶妙なサイズでした。

フックサイズが小さいのは気になりますが、これでいってみます。

しかしあたりも無く16時半をまわります。

サビキでアジが釣れ出す時間が17時で日が落ちて真っ暗になってしまうのが17時半くらいです。

ということは16時45分くらいから17時15分くらいの30分くらいが熱い時間帯になるのではないでしょうか!

時計の針は16時44分を指します……時間じゃ!出合え!

……。

17時半真っ暗になってしまったので帰ります。

おしまい。

本日のタックル

ショアジギング用

  • ロッド:ダイワ ジグキャスターMX 96MH (13年モデル)
  • リール:ダイワ 15ヴァデル 3500H
  • PEライン:Ashconfish PEラインx8 1.5号
  • リーダー:デュエル カーボナイロン 25lb
  • その他:ルミカ メタルジャッカーSJ 30g

泳がせ釣り用

  • ロッド:宇崎日新 プロスペックISO KW遠投 4号 4505
  • リール:ダイワ 17ワールドスピン4000
  • PEライン:Ashconfish PEラインx8 3.5号
  • リーダー:デュエル CN500 10号
  • その他:針 伊勢尼 13号/生き餌 アジ