アズーロの四つ折りランディングネット

フィッシングマックスにて税別3280円で購入。

タモ網のラインナップがあまりなかったので、安くて大きなものとなるここれくらいでした。

ちょっとやわそうな感じもしましたが急ぎだったので、あまり比較したり調べることなく購入した感じです。

スペック

  • フレームサイズ:55 x 70cm
  • フレーム径:直径1cm
  • ネットサイズ:55 x 55cm
  • フレーム素材:アルミ
  • ネット素材:ナイロン
  • 自重:274g(計測値)

ネジサイズの表記はありませんが、持っているタモ柄3本で全てすんなり装着できるので一般的な4分ネジ(外径12.7mm) でしょう。

外観

使用感

使用しているタモ柄はダイワのブラックジャックスナイパー6mです。

軽量で可動部分がスムーズなので、開封して最初の印象は「なんだか弱そう」でしたが、破損もなく錆びもせず問題なく使用できています。

ネジ部分のハマりがずれやすいので、タモ柄に取り付けにくいのだけが唯一の難点です。

オーバル型のフレームを初めて使いましたが、円型に比べて魚の取り込みがかなり楽になりました。

折りたたみ時には45 x 24cm程になるので、少し大きめのリュックならすっぽりと入ります。

現在のところ最大で75cm程のスズキしか取り込みしていませんが、サイズ的には余裕がかなりありました。

張りの無いタモ柄でも使えそう

以前使っていた安価な張りの無い540cmのタモ柄で385gほどあるラバーネット付きのタモ網を使用した場合にはタモ柄の先が垂れ下がりすぎて使い物になりませんでした。

100g程ですが軽くなり、もしかしたらと思って取り付けて試してみました。

MAXまで伸ばして足元に伸ばしてみたところ先垂れも激しくなくそれなりに使えそうでした。

これなら1万円くらいで張りがなさそうな6mくらいの長めのタモ柄でも十分に使用可能だと思います。